Residence

大切なソファのお手入れメンテナンス

リビングの主役であるソファ♪

 

それはそれは、吟味して、時間をかけて選んだ大切なソファ^ ^

 

お客様を迎えたり、テレビを見たり、本を読んだり、お茶を飲んだり、お昼寝したり・・・

時には、大切なソファを汚してしまうこともありますね。。。

 

そんな大切なソファのお手入れをするにあたり、まず知ることは、あなたのソファの素材はなあに???

 

大きく分けると、本革・合成皮革・布製。

素材によってお手入れ法が違ってくるので、正しく適切にお手入れしてあげましょ♪

 

では早速、日頃のお手入れ・定期的なお手入れ・汚れの落とし方をご伝授^ ^

 

 

 本 革

天然皮革は、お手入れを怠ると角質化が起こり、革の劣化を引き起こしてしまいます。日頃のお手入れが肝心ね^ ^

 

☆日頃のお手入れ

基本、柔らかい布での乾拭き。

こまめにホコリや汚れを取り除きカビなどを防ぎましょう。

 

☆定期的なお手入れ

革は、油分を失うとヒビ割れが起こりやすくなるので、4〜5ヶ月に一度は革専用のクリーナーでお手入れしましょう。

まずは、汚れを落として、乾いた柔らかい布でしっかり拭き取り。

その後は、専用のクリームを全体に薄く塗って、油分を補います。

クリーナーやクリームは、事前に目立たない部分での試してみて、変色がないかを確認してくださいね。

 

☆汚れ落とし

汚れが付いてしまったら、専用のクリーナーで適切にお手入れ。

長い時間、放っておくと、汚れが染み付いてしまったり、変色してしまう可能性があります。見つけたら、早めの対処が肝心^ ^

クリーナーは、直接革に塗ってしまってはいけません。

少量を布などに取って、汚れた部分を中心に拭き取ります。

汚れが落ちたら乾いた布で乾拭き。

くれぐれも、シンナー・ベンジン・中性洗剤などの使用はダメよ^ ^

 

 

 合成皮革

素材は主にPVC(塩化ビニールレザー)・PU(ポリウレタン)・ソフトレザーなど。水や汚れに強く、価格がお手ごろ♪

 

☆日頃のお手入れ

基本、拭き掃除。

柔らかい布での乾拭きや、固く絞った布での水拭きで、ホコリや汚れを取り除けます!

 

☆定期的なお手入れ

毎日お手入れしてても、汚れはすこしづつ蓄積・・・とくに、白っぽいソファは手垢などの汚れが目立って、全体的にうっすらと黒ずんできます。

年に一度は、ぬるま湯で薄めた中性洗剤に、柔らかい布を浸し、固く絞った布で拭き取りましょう。その後は、固く絞った水拭きで、洗剤をしっかり取り除きます。

日頃のお手入れで取りきれない汚れが落ちてキレイさっぱり☆

 

☆汚れ落とし

汚れが付いてしまったら、専用クリーナーで汚れた部分を拭き取って、乾いた布で乾拭き。

こちらも、汚れを見つけたら早めの対処♪

 

 

 布 製

布製は、革と違って、汚れが染み込んでしまうためお手入れが難しい・・・っという難点があります。最近では、カバーの取り替えが可能なタイプも増えているので、日常の汚れ防止のために、マルチカバーをつけておくのも良いですね♪

 

☆日頃のお手入れ

柔らかいブラシでこまめにブラッシングし、表面を固く叩いたり、掃除機でホコリを取り除きます。

太い糸の織目のものは、ホコリがつまりやすいので、ブラシで丁寧に取り除きましょう。

 

☆汚れ落とし

汚れがついてしまったら、すぐに濡れタオルなどで、拭き取ってください。

長時間放っておくと、汚れが取れにくくなってしまいます。

飲み物などをこぼしてしまった時は、乾いた布などで吸い取り、ぬるま湯で薄めた中性洗剤を浸した布をやわらかく絞り、叩くようにして汚れを落とします。

その後は、洗剤が残らないように、固く絞った布で水拭きします。

くれぐれも、アルコール・ベンジン・シンナーなどの有機溶剤の使用はダメよ☆

 

 

 

大切なソファを長く愛用するために、日頃からまめなお手入れが必要です♪

汚れを見つけたら、早めの対処で愛してあげましょ☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です