Human relations, Residence

花を飾るのは写真を撮るため?

最近、写真の勉強を始めた。

 

50の手習い(笑笑)

 

 

こうやって、ブログを書いたり、

仕事で、人を写真で撮ったりする時、

もうちょっと、素敵に撮りたい!!

って、思ってしまった。

 

まずは、モノを可愛く撮るためのお教室に

月に1度、通うことにした。

 

 

一眼レフカメラも買った。

NIKON D5600

芸術系はCanonらしいが、

ココは、スッキリ男前な写真を撮りたい

NIKONに決定!

 

そして、

お教室に通うということは、

課題があったりして・・・

 

2月の課題は、春の花を撮ることに。

 

 

鉢植えの花を買って、さあ撮りましょう!

 

と、ならず・・・

 

タイミングを逃し、3日経ってしまった。

 

花は元気だが、茎がしおれて写真どころではない(^_^;)

 

 

 

そこで、外に置くはずだった鉢植えを

リビングに置く用の切り花とした。

 

私の中では、相当贅沢な話です。

家に飾る生の花を買うなんて、贅沢です。

 

鉢植えなら数週間は持ちます。

 

しかしながら、生の花は1週間持たせるのに一苦労。

 

だから、生花は、頂き物に限ると日々思っていて・・・

 

 

 

それでも

思い切って、茎をバッサリ切って、

葉っぱも、バッサリ切って。

 

 

撮った写真はコレ

 

我ながら・・・ニヤリ( ´∀`)

 

 

ところが、

先日、お教室で先生からの忠告で、

花を撮る場合は、プロ(お花の)以外はやめておきましょう!

っと。

 

やはり、花は難しいらしい。

 

正直、花の向き、時間による葉っぱの元気さ、

花の持たせ方など、悪戦苦闘でした。

 

 

それでも、お写真を撮ることは楽しく、

また、お教室で会う人たちは

美意識が高く、

お洋服や、小物のセンスが抜群で、

素敵女子満載でした!

 

 

来月の課題を考え中〜♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です