Residence

TOTOトイレのリフォームは設備の価格から

トイレのリフォームを考えるとき、まずは便器交換が必要なとき!

我が家も、中古物件を買ったときに、リフォームを手掛けるのに、まずは『便器』でした。

 

理由は、多分、皆様と同じく「気持ち悪いから^ ^」

 

 

って、ことで、我が家の便器をご紹介。

 

リフォーム
リフォーム

 

二つの便器がありますが、どちらがお高くて、どちらがお安いのかわかりますか?

 

もちろん、上のスッキリしたデザインの方が、お高い便器です。

 

二つの便器の価格は、2年前のタイプですが、上が60万円・下が30万円(定価)。

およそ2倍の違いがあります。

 

(注意)

設備(トイレ便器)は決して定価で買ってはイケマセン!!!

同じメーカー・型番で、どのくらいの値引きが可能なのかをチェック

 

 

では、使用感として。

使ってみて何が違うかというと、汚れの頻度。

 

上の高級便器は、ほとんど汚れが付かない。 驚くほど^ ^

 

お掃除の頻度が少ない^ ^

 

 

下の便器も、性能は悪くないはずなのですが、水の流れ方などにより、汚れ落ちのスッキリ感が、全く違います!

 

 

 

リフォーム

 

こちらのトイレは、マレーシアの自宅のトイレで、ちょっと見にくいのですが、海外のブランドのトイレなので、ウォシュレットは無く、タンクもひと昔前のものです。

水の流れも悪く(水圧の問題もあるかも?)汚れがスッキリしないので、1日に何度もお掃除します。

多分、1万円くらいの品ではないかと思います。

 

 

 

結果、便器の値段はピンキリなので、

便器にいくらお金をかけるのか???

を、決めて価格チェック!

 

 

後の壁紙や床のリフォームなどは、本来なら、素材が違っても大きくありません^ ^

 

もちろん、リフォーム会社によって工事費は、大きく違う場合もありますけどね(ー ー;)

 

そこもまた重要!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です